エンジニア

福岡フリーランス事情

福岡の単価相場はいくらなのか レバテック編

レバテック福岡支社で福岡の単金相場を聞いてきました!

福岡でフリーランスエンジニアとして活動するにあたり、

気になるのは、どれくらいの単価の仕事があるのか、

ということではないでしょうか

あの、最大手エージェントレバテック、実は福岡にも支店がありました。

ということで、早速レバテックで話を聞いてきました!

一番興味があるのは相場ですよね、聴いてきました。

福岡では、下が

40 万

で上が

60 万

ということでした。

ちなみに僕個人の案件相場としては、

下が 50 万で上が 55 万、でした。
僕の言語歴は

Java6 年 Ruby 半年 Python 半年 AngularJS1 年他は細々他言語です。

年齢は 35 歳と 45 歳の間です。

それで、50 万から 55 万を狙えるということでした。

で、福岡と東京での違いについて結構話題が出たので、

それについて 3つ、お話しようと思います。

東京と福岡の違い

相場格差がスゴイ

東京との相場の格差ですけど、

レバテックさんの感覚としては 10 万から 15 万は差がある、

という話でした。東京と福岡の物価の差を考えても、

やっぱり月収で 15 万の差があると、 かなり生活レベルに差が出そうですね。

僕は、家庭の事情で福岡から出られないんですが、

可能であれば、東京に出た方がいいと思います。

とは言っても、福岡在住の学生さんがいき なり上京するのは

金銭的にハードルが高いですよね。

なので、いったん福岡で就職して東京 に進出するパターンもアリだと思います。

その辺については、別の動画でお話します。

Ruby の扱いの差がスゴイ

Ruby の扱いが、東京と福岡では、

宝石とパワーストーンくらい差があるらしく、

東京で高 単価の案件が、

福岡では Java 案件より単価が安いとかザラらしいです。

福岡で案件が多いのは、Java、PHP。

福岡でエンジニアを続けるなら、

この2言語をメイン に活動する方がいいだろうという話でした。

余談ですが、Python は、福岡も東京も案件数 は少ない、という話でした。

クラウドの伸びがスゴイ

クラウドについては、福岡も伸びがスゴイらしいです。

AWS

Microsoft Azure

Google Cloud Platform

このあ たりのクラウドへの移行は福岡でも進んでいるので、

将来、参画できる案件の幅を広げたい なら、

クラウド案件に、多少単価を落としても、今のうちに参入しておきましょう、

という 話でした。

できれば、AWS、サイアク、他のクラウドでもいいそうです。

さて、東京と福岡の対比の話が多かったんですが、

このように、レバテックさんは、

東京の 事情をそのまま福岡で展開しているワケではなく、

福岡事情を把握した上で、案件について の提案をしてくれますので、

信頼できると思います。

こういうエージェントって正式に登録 する為には、

一度、福岡支店に足を運んで、書類を書かないといけないんですけど、

支店の 場所が分かりにくいことが多いんです。

ですが、レバテックさんの福岡支店は場所が、

アク ロス福岡と分かり易いのでそれは非常に助かりました。

はい、レバテックいかがでしょうか。

エージェントは何社登録しても問題ないので、

他のエージェントに登録している方も、

レバテック登録を検討してみてはどうでしょうか。

下にレバテックのリンクを貼っていますので、

興味あったら登録してみてください。

-福岡フリーランス事情

© 2022 福岡フリーランスエンジニアブログ