福岡フリーランス事情

PE-BANK さんに福岡の案件相場を聞いてきました!

PE-BANK

平均で

55万円

くらいだという話でした。

注意してもらいたいのは、この 55 万という金額は単価であって

エンジニアが報酬をもらう時

は少し金額が減ります。

そのことについては、後でお話します。
東京相場は平均 68 万、愛知県は 65 万、関西が 60 万ということでした。

ちなみに、私個人の案件相場としては Java 案件であれば、下が

50 万

で上が

60 万

なら提案できる、ということでした。

僕の言語歴は Java6 年 Ruby 半年 Python 半年 AngularJS1 年他は細々他言語です。

年齢は 35歳と 45 歳の間です。

それで、50 万から 60 万の範囲を狙えるということでした。

あと、福岡案 件の言語は、

5 割くらいが Java

2 割 PHP

2 割 C#

くらいの割合で案件が多いと言っていまし た。

やっぱり東京が中心で、東京の作業の切り出しが福岡に回ってくるパターンが多いので、ど うしても、

Ruby や Python など最近注目されてきた言語については、

案件が少なく、単価も低 いそうです。

あと PE-BANK さん特徴を3つお話します。

福岡に最初に進出したエージェントである

PE-BANK はフリーランスエージェン トとしては、

最初に福岡に参入してきたエージェントで、

10 年以上前から福岡に拠点を持って いるそうです。

その次に福岡に参画したエージェントだと 2016 年なので、

福岡で活動してい るエージェントとしてはぶっちぎりの歴史があります。

他のエージェントでは把握していない ような、小さな福岡の会社も把握していたりします。

福岡だと技術力よりは人柄を重くみる傾 向があるようで、

参画案件によって、面談でどういうアピールのしかたで高評価をもらえるか、

というのもチェックしているようです。

数値に表れない、良くも悪くも、福岡特有の泥臭い面 のノウハウも蓄積しているようです。

フリーランスとして福岡で活動し続けるつもりなら、 PE-BANK は最優先で登録すべきエージェントだと思います。

単価が公開されている

最初の方に単価と報酬は違うという話をしたと思います。

エージェントは、僕らフリーランスに案件を紹介する代わりに、

参画する会社からもらった単 価からエージェントがマージンを引いて、

僕らフリーランスに報酬を渡すのですが、このマー ジン率を非公開にしているエージェントが多いんです。

ですが、PE-BANK はマージン率を公 開していまして、参画 1 年目で 12%、2 年目で 10%、3 年目以降 8%という設定になっている みたいです。

2019 年段階だと福岡では単価公開している唯一のエージェントです。

東京だと midworks とか他にも単価公開しているエージェントがあるようですけどね。

業務系の案件が多い。

福岡に参入している他のエージェントは WEB 系に強いとこ ろが多かったんですが、

PE-BANK は業務系に強いと言っていました。長年業務系の経験があ り、

WEB 系に転向する予定がないのであれば、PE-BANK に登録すれば、案件が途切れることはないかもしれません。

あと、低単価の案件も扱っているらしいので、高齢になって受け入れ てくれる案件が無くなってきた、なんていう場合だと、

PE-BANK さんなら紹介してくれるか もしれません。

そういう意味では他のエージェントで案件を紹介してもらえなくなったら、

PE-BANK なら、低単価であっても紹介してくれる可能性はあります

で、PE-BANK さんに登録する時、福尾支店に面談をしに行くんですが、

PE-BANK さんの 福岡支店はちょっとだけ場所が分かりにくいので、

そこは注意した方がいいです。

-福岡フリーランス事情

© 2022 福岡フリーランスエンジニアブログ